2014年3月11日

震災から3年。

あの時、何を思っただろうかと。地震の直前にコインパーキングに車を停めました。空を見上げて、なんだか変な雲があるなあ〜と思ったんですよね。

それから15分。ああ地震だあ・・・と思いながらもなかなか終わらず、さらに揺れが大きくなって。古いビルの上の方から落ちてくるモノとか道路にヒビが入りながら段差ができて水道管だかが破裂して水が流れて、人々は大通りの真ん中に飛び出して。

しかし、恐怖感がなかった。「震源地はどこだろう?すごいことになってるんだろうなあ〜」と記憶があります。家族も社員も心配にもならなかったんですよね。こんな程度で大騒ぎするほどじゃないというか。危機意識が足りない、平和ボケ。被災地だったら逃げる人たちを馬鹿にして津波に飲まれていたに違いないでしょう。

テレビが見れるようになって被害の大きさに驚いたし、たいしたことないと思った地元でもガソリンやら食料やら水やらで1ヶ月ほどは苦労することになるのですが。


亡くなった方、そして今なお行方不明の方々の御冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

0 件のコメント:

コメントを投稿