2013年7月11日

休日のオペラ散歩

最近は少年犯罪関係の本や加害者関係の本を読んでいます。凶悪な犯罪者だって乳幼児の時って可愛いかったんだろうな、と不謹慎なことなのかもしれませんが考えてしまいます。幼い子供を育てる親としては生まれながらの犯罪者なんていないと信じたいんですよね。でもそれでも知れば知るほどサイコパスじゃないけど何か必然的な運命もあるようにも思うし。父や母や先祖の良くない部分だけを類い稀に本人が望むことなく受け継いだり、環境やタイミングといった偶然が重なり知らず知らずにその部分を育んでしまう可能性だってあるんだろうな、とか(汗)。

納得できる理由を探してる自分がいます。


オペラも5歳になって家に居るとき(散歩前やご飯の時以外)は存在していないくらいに静かに過ごしています。老犬じゃないのに(汗)。子供もオペラもゆっくり年を取って欲しいなあ〜。って、自分もですが・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿