2013年6月6日

2歳半・・・でも子供を信じる

反省する事件がありました。

疲れて眠かったりするとお風呂に入りたくない時があるようで、土曜がそうでした。そんな日も良いと思います。明けて日曜日、お外でいっぱい遊んだし、さすがに今日はお風呂に入らなきゃね〜と思っていた時のこと。

風呂場には行ったものの、洗面台に乗って蛇口シャワーで水遊びを始めてしまいました。洗面台は水浸し、本人はニコニコでキャッ!キャッ!「ほらお風呂に行くよ」と声を掛けて抱きかかえると泣き出す始末。ママと入ってくれるかなとか淡い期待を抱きながら、遊ばせたままで自分だけシャワー浴びちゃいました。幸いシャワー浴びながら見える場所でしたし。


シャワーからあがり、どうせダメだろうなと思いつつ、強引な笑顔をつくって「お風呂入る?」と尋ねたらばビックリ「うん、はいる。あたまあらう!」って、満面の笑み。喜んで、あーちゃんと風呂に入り直したパパでした。

大人の考える「時間」と子供が考える「時間」は違うし。何よりも「ダメだな」と諦めて接してしまった自分が情けないですね。親なのに信用してあげられなかった。

遊びを許可してくれたパパに対して、あーちゃんなりに従おうという気持ちを持ってくれていたのだとすれば、そこで不機嫌さを顔に出さないで本当に本当に良かったなあ〜とホッとする思いです。これから10年20年、大切なのは子供を信じる、これですね。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

0 件のコメント:

コメントを投稿