2013年5月27日

NIKKOR 85mmF1.4

20代の頃は絞り開放主義でした。容易に拡大表示ができるデジタルな時代、ついつい等倍での確認(必要な場面なんてないんですけれどもね)するようにり、F2.0~2.8あたりまで絞ってピント面のシャープさを際立たせる方がボケの美しさも映える気がしていましたが・・・今の高性能な単焦点レンズの描写は開放から抜群です。

NIKKOR85mmF1.4(F1.6で撮影)

子供写真でとても大事なのが露出精度というか傾向。自分の場合は常に顔をスポットで測光して撮影するようにしています。メーカー毎に違うこの露出傾向を掴むことが実はカメラを操る大きな要素じゃないでしょうかね。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿