2013年3月8日

読書の記録を。

今年になって読んだ本を。乃南アサ「凍える牙」「風紋」「晩鐘」「殺意・鬼哭」、湊かなえ「母性」「夜行観覧車」←放映中のドラマは見てません、東野圭吾「さまよう刃」。貴志祐介「黒い家」。岡田尊司「あなたの中の異常心理」。

読んだ本を書くのって実に恥ずかしいですね(笑)。しかも、なんだか暗くて怖い感じの本ばかりだし・・・。ここは評論ブログじゃないので詳細に対する思いは書きません。作家の言葉をヒントにしながら、自分の記憶の中にある近い景色や人物像を引き出してきて、それに色付けてるみたいな、そういう作業を無意識に繰り返して・・・文章から空間や人や時間を組み立てる、この感じが好きなんですよね。建築設計の作業もそれに近いかもしれません(汗)。

しかし、気分転換に読んだ岡田先生の「あなたの中の異常心理」は良かった。自分を含め身近な人たちを思い浮かべながらあちこち線を引いて読みました。「親が幼い子供のこんなとこに影響するとこうなる」というのが自分の考えと近似してたものだから気持ちよかったし、そういう意味では今の自分の子育ての方向性を続ける自信になった気がします。しばらくしたら、また岡田先生の他の本を読んでみようかと。

さて、今夜はゾワゾワとしてきた「天使の囀り」を読み終える・・・予定。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

0 件のコメント:

コメントを投稿