2013年3月4日

パパは大きい赤ちゃん。

お風呂に入れる時にどう持っていくか、というのはいつも悩むところ。最近は「大きい赤ちゃん=パパ」と「小さい赤ちゃん=あーちゃん」というのが流行。「おーい、どん!」ハイハイで階段を競走してお風呂に向かう遊び。とはいえ、階段の途中の踊り場で道草食ったり、手を繋いだり、唄ったりと、気分次第のアドリブだらけで予想不可能な遊び。

先日は突然あーちゃんが仰向けになって、両手を伸ばして「抱っこ」って。「ここでパパが抱っこするのね」と抱き上げようとすると・・・ところがどっこい。そうじゃなくて「パパを抱っこ」したいというんですよ。仰向けの小さなあーちゃんにパパは抱き合う格好で(爆)背中をトントンとしてくれました。これってあーちゃんがパパに甘えて寝る時の格好。

a photo by taRox0105 on Flickr !

お風呂では歯磨き。湯船で仰向けに寝たパパの口を覗き込んで、必死に磨いてくれます。「あー」とか「いー」とか言いながら。ほんと、言いなりになってると、とことん赤ちゃん役を演じさせられてるんですよね。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

0 件のコメント:

コメントを投稿