2013年2月20日

姉妹は仲良し。

子供の相手をしながら、子供の頃の自分に対して親はどうしてくれたかな?と記憶を遡ることが多いです。と同時に、ちーちゃんが生まれてからは、じゃあ妹って自分にとってどんな存在だったかなと。

・・・2つ歳の離れた妹のこと大好きでした。場面すら思い出せない記憶ではありますけれど、一緒に寝ていて「寒いよ」という妹に自分の布団を掛けてあげて自分は寒いの我慢したなあ〜という記憶。オヤツを食べていて自分の分を妹に譲り喜ぶ妹を見て自分も嬉しくなった記憶。そんなのが繰り返されてるうちに、妹にも喜んで貰えて、親も喜んでくれる「我慢するお兄ちゃん」になっていったのかもしれません。そこに「悔しさ」や「やりきれない思い」といった記憶は無くて実に自然に「なるべくしてなった」みたいな感じ。

a photo by taRox0105 on Flickr !

どんな姉妹になるのかな、って。とても楽しみです。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

0 件のコメント:

コメントを投稿