2011年7月9日

びゃ〜♪

言葉は喋れませんが、パパが笑うと笑顔で返してくれます。同じ事をしてもパパの実家では反応が悪かったりしますから、我家とそれ意外の場所での緊張感とかそんなのもあるんでしょうね。


昨日は厚生労働大臣認定試験の検定員としてのお仕事でした。朝から晩まで目一杯。実技試験なので何人もの受験生を「じ〜っ」と歩きながら細かくチェック。限られた時間内で4つの作業を同時進行する試験ですが、これは性格ですね、終盤に小さなミスに気付いてパニックになってしまう人を見ると、娘には大きく物事を捉えられる冷静な人に育って欲しいな、なんて思うのでした。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

2 件のコメント:

  1. ミントパパ2011年7月10日 19:01

    「物事を大きく捉える」ことは出来そうで出来ない難しい事ですよね。
    確かに、子供達には細かい事を気にしないで大きく育て!!と思いましたが・・・結局、世間の評価を押し付けたような気がします(反省)。

    ジイジになった今、非常に無責任に、かつ非常に非常識にかほちゃんには「気なしない、気にしない」精神で接しています。
    ジイジの方が楽ですねぇ・・・

    返信削除
  2. >ミントパパさん
    難しいんだろうなあ〜と思います。両親がやってきたことですから、親がしてくれた程度にはやっていかなきゃなあ〜と思います。逆を言うと父親としてヒントになることって自分が育てられた経験以外には何もないんですよね。だからジイジは自らの手を動かさずに育ててるのと同じなんですよ〜(笑)♪

    返信削除