2010年6月17日

写真。

オペラの顔にスポット測光で露出を合わせて撮影。
ごじゃついた背景を暗くしてオペラを浮き立てる。
一方からの光が当たる場合だとちょっと雰囲気良くなります。
そんな日曜の午後でした。

4 件のコメント:

  1. お久しぶりです!
    うーん、ほんとにパパさんのように写真がとれたら・・・といつも思います。
    哀愁のオペラ嬢、ステキだわ。
    でも舌がほんとに長いのね↓。びっくりよ!

    返信削除
  2. 私もいつももっと気を使って写真が撮れたら
    いいなって思ってるけど、なかなかね(汗)

    オペラパパさん光りをうまくコントロールを
    出来てるイメージがあります♪
    意識して写真を楽しんでますね。

    返信削除
  3. アートですね~(^^)v
    このお写真も頭をなでられながら気持ちよくてベロをペロンチョかなオペラちゃん♪
    ローブリッターを背にオペラちゃんの写真も素敵です♪建物も趣ありますね~(^^)v
    *サッカーはやっぱり落ち着いてみたいですよね^^;

    返信削除
  4. >ゆうままさん
    数撮ってますからねえ。その中には1枚くらいは・・・
    どちらかというとポートレート的写真よりは
    「生活の中にオペラがいる」ようなスナップが撮りたいと思ってます。

    >julyさん
    「光」は永遠のテーマですね。
    コントラストを強めて彩度を落とすのが好きなんですが
    こうすると色味を抑えて自然と光の陰影が強調されるんですよね。
    それがオペパパの好きな雰囲気のようです。

    >まくままさん
    ローブリッター、可愛いですよね〜。
    来年はまた新しい可愛いとっておきのお勧めバラの花を御紹介できるかな。
    サッカーは落ち着いて見たいです。
    そう、正座して真剣に見たいタイプです(笑)。

    返信削除