2009年12月2日

モミジちゃんと肉球ちゃん


黄色のモミジもまたシックでいいものです。
緑や朱の淡いグラデーションが着物の柄のようで、見事♪
深紅のモミジが画面に入ると、ただの黄色に見えてしまうはずで・・・
比較することで本来の姿の美しさを見失ってしまうことって
結構多いような気がしました(笑)。

(↑iPhone)
こちらはオペラの黒いモミジ(笑)。
そして刃物で削ぎ落としたように痛々しい姿。
ママによると海で遊びながら消毒したのでもう大丈夫とか・・・(汗)。

以前から真剣に遊んだあとなど黒い肉球が擦れて淡いピンクになる
(そして柔らかくなる)ことがあり、心配はしていました。
でも、まさか・・・こんなに。

パパが室内飼いしていたクリス女史(シベリアンハスキー)なんて
オペラの数倍散歩してましたし、数倍引っ張りまくっていましたし。
でも、足裏は実に丈夫でした。

そう思うと犬種や個体差によるところも大きいんでしょうね。

5 件のコメント:

  1. ゴールデンは肉球が弱いんでしょうかね~~??
    この写真の用に我が家の子達も過去 数回素晴らしく裂けてました。
    血がだ~らだらなんて事も・・
    肉球クリームも使ってみたらどうかしら・・・
    私のブログのどこかに記事があるんですが・・結構優れものですよ。

    返信削除
  2. あああぁ~…
    オペラさんの肉球、思っていたよりも痛々しい…
    ママさんと海で楽しく遊んでたから、
    すっかり良くなったんだとばかりー。
    「海水で消毒」って、そういうママさん好きだなー
    過保護過ぎずー、でもちゃんと大事にしているんですね。
    お大事にしてくださいねー。
    早くよくなりますように。
    肉球クリーム、ALは塗っていると、
    気分がいいのか、大いびきで寝だします…汗

    返信削除
  3. クリス女史??  本名ですか?笑。ちょっと気になりました。
    オペラママさんのところでも書いたけど、龍包の肉球のある部分もオペラちゃんと同じ感じになってます↑
    写真を見ながら、一人で”そう!そう!こんな感じ・・”
    と呟いてました。
    ゴールデンは特に弱いのかな、同じ暮らしをしてる黒豆は
    こういう問題で困ったことがないです。

    去年までは真っ赤なモミジが好きだったけど、
    今年は赤くなる手前のモミジの方が好きになりました♪
    この写真は秋の優しさを感じました~。

    返信削除
  4. オペラさんの肉球、痛々しいです。
    アンジーも、パピーの頃の真っ黒でザラザラの肉球が
    今はツルツルになってきています。
    チェスターは、黒からピンク色になって
    ツルンツルンになってます。

    あまり無理しない方がいいですよ
    これから10年以上もあのアンヨで
    歩いて行かなくてはならないのですから…
    お大事にしてくださいね。

    返信削除
  5. >わんわんちさん
    噂のクリームですね♪やっぱり違うのでしょうか。
    そんなに過保護に育てられてる犬種なのかなあ。
    なんだか不思議で仕方ありません。
    というか、オペラの引っ張り方にも問題があるんでしょう。
    力が強いというだけじゃなくて、力の掛け方というか・・・。

    >ALママさん
    この写真は月曜の写真なので、今は随分良いようです。
    週の半分以上をオペラと過ごしてるママの方が
    オペラのことを熟知していると信じていますので、任せてます。
    最近、男は黙って外で仕事・・・が良いと思いますし(笑)。

    >julyさん
    やっぱりゴールデンは、弱いようですね。納得できませんが(汗)。
    わかります、色が変わっていく途中の葉ですよね。
    そんな微妙な色ほど、写真で表現するのが難しかったりしませんか。
    と同時に、モミジの葉形ってどうしてこんな形なんだろ・・・
    そんなことをふと思います。

    >アンチェス母さん
    アンジーちゃんはオペラを一回りしっかりさせた
    身体付きですから負担も大きいことでしょう。
    お庭もあるしチェス兄ちゃんもいるから自然と運動もできますよね。
    オペラはぐうたらパパママにマンションで育てられたので
    身体を作る仔犬の頃の運動量が少なすぎたんじゃないかなって思います。
    健康で長生きして欲しいですね。

    返信削除